関西の在留資格専門のいしづか国際行政書士事務所

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

出生

私は1956年に京都府左京区に生まれました。実家の周囲には銀閣寺や南禅寺等の観光名所も多く、当時は高層の建物も少なかったおかげで実家の縁側から8月16日の大文字焼が美しく見えました。今では京都の街もマンションなどが立ち並び昔の面影が失われ少し寂しい気がします。

学生時代

父が保険会社に勤務していた関係から小学生時代から2~3年ごとに日本各地の学校に転校しました。転校した場所は、高知県、福井県、三重県、愛知県、石川県。山口県、そして最後に父が定年を迎えた奈良県です。一定期間ごとに新しい場所に移動するのは期待もありワクワクしたものですが、一方、新しい学校や生活に慣れるまでは子供心に色々と苦労したことを覚えています。このような経緯から私は本当の故郷と呼べる場所はなく、知人が同窓会の話をするときには大変羨ましく思ってしまいます。

中学時代は石川県金沢市で過ごしました。私にとっては最も懐かしい時代で最高の先生や同級生に恵まれて幸せ者だと思っています。また、大学時代にはアメリカ西海岸に憧れて1年間休学してカリフォルニア州オークランドの大学に僅か1年間ですが留学しました。たった1年間では語学力は上達しませんでしたが、滞在中はアメリカ人だけでなく多くの海外からの留学生と知り合いになり私の中で世界が大きく広がったと期間だと思います。その中で築いた友好関係は今でも続いています。私にとって大切な宝物です。

就職後

1980年、京都の任天堂に入社しました。当時の任天堂はトランプ・かるた・花札・マージャンなどの商品から電子玩具へ向けて方向転換するタイミングだったと思います。私が入社した年にはゲーム&ウオッチが発売され、その後のファミコン時代に突入していきます。当時の任天堂は海外向けの商品はすべて商社や海外代理店を通して販売していましたので任天堂直轄の子会社は存在していませんでした。そこでアメリカに子会社を設立する準備が行われていたようで、なぜか私が任天堂最初の出向社員として選ばれました。結局、最初の赴任地のニューヨークに8ヶ月間、そしてアメリカ任天堂本社の移転に伴い移動したシアトルに14年間駐在しました。その後、京都本社に一旦帰任しますが、韓国任天堂を設立する使命を受けて韓国ソウルに3年間駐在しました。ご存じの通り、韓国は儒教の教えを大切にする国で自分より年上の方を尊敬して大切にする礼儀正しい国民だと感じました。外国人の私に対しても優しい心で接して下さる韓国人が多かったです。私が赴任した直後の話ですが、タクシーにパスポートと財布を後部座席に忘れて途方に暮れていたのですが、数時間後に私の勤務先を探し当てて届けてくださいました。その方は時の感謝は今でも忘れられません。

行政書士として目指すもの

私は何に対しても興味がある性格なので任天堂在職中から週末に暇を見つけては色々な資格にチャレンジしてきました。2015年、任天堂退職後は私にとって今までの海外経験を生かして「海外と日本の架け橋」として活動したいと考えから行政書士事務所を開業して国際業務専門に取り組むことを決意した次第です。近年、観光を含めて海外から日本を訪問される外国人の数は年々増え続けています。その中で、日本で中長期に滞在したい方、就職したい方、日本の国籍を取得したい方なども多くおられます。その方々に対して受け入れる側の日本が公平で信頼される環境をご提供できるように微力ながら取り組んでいきたいと思います。ご支援の程よろしくお願い申し上げます。

行政書士 石塚昌弘

 

お問い合わせ いしづか国際行政書士事務所 TEL 0774-73-5363 営業時間 月~金 9:00 - 17:00

翻訳(言語を選択ください)

Chinese (Simplified) English Japanese Korean

カレンダー

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.